プロジェクト

全般

プロフィール

スクリプト

Input

左ボタン0,右ボタン1,中ボタン2

【マウスボタンがクリックされた時にTrue】

if (Input.GetMouseButtonDown(0))

【マウスボタンが離された時にTrue】

if (Input.GetMouseButtonUp(0))

【マウスボタンがクリックされている間はTrue】

if (Input.GetMouseButton(0))

ユーザーの入力を受付る時に使う。
ifにて入力後の処理を記入する。
移動やジャンプ、攻撃などの処理を記載する。

オブジェクト回転

transformクラスのRotate関数を使う。

transform.Rotate(x軸, y軸, z軸)

Z軸
引数に与える数値がプラス  反時計回り
引数に与える数値がマイナス 時計回り

オブジェクトの移動

transformクラスのTranslate関数を使う。

transform.Translate(x軸, y軸, z軸)

x軸
引数に与える数値がプラス  前
引数に与える数値がマイナス 後

スワイプで移動距離を求める

InputクラスのmousePosition関数を使用する。

public class swa : MonoBehaviour  //swaクラス

Vector2 startPos;  //startPos変数

if(Input.GetMouseButtonDown(0)){           
  //マウスをクリックした座標
   this.startPos = Input.mousePosition;  //クリックした時点での座標を代入
   } else if(Input.GetMouseButtonUp(0)) { //eles if 続けて条件を指定
  //マウスを離した座標
   Vector2 endPos = Input.mousePosition;   //endPos変数宣言と同時にクリックした時点での座標を代入
   float swipeLength = (endPos.x - this.startPos.x); //終了地点 - 開始地点で距離を計算

this.自身のクラスが持つstartPos変数を使う意味

画面の外に出た場合にGameSceneに戻る。

if (transform.position.y < -10)
    SceneManager.LoadScene("GameScene");

キャラクターがy軸-10の位置に来たら、SceneManager.LoadScene("GameScene")でGameSceneに遷移する。
落ちたら即死などの場合使える。

ゲーム内での分秒表示

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;

public class timesc : MonoBehaviour {

    float second;
    float minite;

    void Start () {
        second = 0;
        minite = 0;
    }

    void Update() {
        second += Time.deltaTime;

        if(second > 60){
        minite += 1;
        second = 0;
        }
        GetComponent<Text>().text = "TIME"+((int)minite).ToString("00") + ":" +
        ((int)second).ToString("00"); 
    }
}

オブジェクトへのtag付け

オブジェクトにtag付けをしてOnTriggerEnter2Dの当たり判定時の
対象オブジェクトを分ける。

        void OnTriggerEnter2D(Collider2D col){
        if (col.gameObject.tag == "fish")
        {
            SceneManager.LoadScene("ClearScene");
        }
        else
        {
            SceneManager.LoadScene("GameOver");
   }
}