プロジェクト

全般

プロフィール

Red Hat Enterprise Linux6

キーマップ関連

/etc/sysconfig/keybord

-英語

KEYTABLE="us"
MODEL="PC105+inet"
LAYOUT="us"
KEYBOARDTYPE="pc"

-日本語

KEYTABLE="jp106"
MODEL="jp106"
LAYOUT="jp"
KEYBOARDTYPE="pc"

表示言語変更

/etc/sysconfig/i18n

-英語

LANG="en_US.UTF-8"

-日本語

LANG="ja_JP.UTF-8"

-指定できる値の確認

locale -a

タイムゾーン確認

/etc/sysconfig/clock

設定確認コマンド

ifconfig

route

netstat

arp

設定反映

service network restart

インターフェースの起動・停止

ifup eth
ifdown eth

ネットワーク設定基本

下記ファイルの編集

#/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth*

DEVICE=eth1 
TYPE=Ethernet
UUID=10423b32-b50b-4b7e-9a50-4d05df07b201 NMでの識別子
ONBOOT=yes                 起動時にNIC有効化
NM_CONTROLLED=no           NMの使用有無
BOOTPROTO=none            dhcpの場合"dhcp"としていする
IPADDR=192.168.0.1     IPアドレス
PREFIX=24                   サブネットNETMASKでもOKですがPREFIX推奨
DEFROUTE=yes             デフォゲにする場合"yes"
IPV4_FAILURE_FATAL=yes      IPv4接続がfail時にIPv6に接続しない場合は"yes"
                            IPv4接続がfail時にIPv6が接続可能な時に接続場合は"no"
IPV6INIT=no                 IPv6を使用有無
NAME="System eth1"       NM使用する名前
HWADDR=00:0C:29:BC:E4:7B    MACアドレス 
GATEWAY=192.168.0.254     ゲートウェイ

-NMを使用しない場合、不要項目
UUID
NM_CONTROLLED
NAME

-MACアドレス
udevでmac管理はしているため、MACの項目は消したほうが良い。

rhel5と同じ形式にする場合

DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
BROADCAST=192.168.0.255
HWADDR=00:0C:29:BC:E4:7B
IPADDR=192.168.0.1
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.0.0
ONBOOT=yes

※GATEWAYは"/etc/sysconfig/network"に記載する。

DNS

/etc/resolv.conf
nameserver 192.168.1.1

static route

/etc/sysconfig/network-scripts/route-eth
192.168.7.1 via 192.168.2.1

MACとethの対応表

/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

ipv6無効

-ネットワーク設定全体

/etc/sysconfig/network
NETWORKING_IPV6=no

-個別設定

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth*
IPV6INIT=no  

-システム的に無効化

/etc/sysctl.conf
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1