プロジェクト

全般

プロフィール

PRIMERGY RX25xx

ファームウェア

構築時に最新ファームウェアにアップデートする。
最新バージョンで不具合が無いか確認をする。

BIOS
iRMC            
Array       

ライフサイクル管理iRMC

[設定方法]
・BIOSでの設定

IP、NETMASK、GATEWAYの設定が可能。

[iRMCログイン方法]

"https://設定したIP/" 

・デフォルトUSER,PASS

USER admin
PASS admin

RAIDコントローラ管理 ServerView RAID Manager

[設定方法]

FUJITSU Server PRIMERGY ServerView Suite DVDに収録あり。
ブートしてGUIでServerView RAID Manager起動可能。

OSにServerView RAID Managerをインストールをして
ブラウザからのアクセス可能。
https://< サーバ名またはサーバの IP アドレス >:3173/

システム管理 ServerView Operations Manager

[インストール方法]

(http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/manual/pdf/common/b7fh-6041-01.pdf)

ServerView System Monitor

OS上でハードウェアのステータス確認ができる。

情報取集AgentとしてServerView Agentが必要。

Windows:
Agents Configuration ツール (デフォルトは"FUJITSU SVUSER"グループが設定)
Linux:
/etc/srvmagt/config 設定ファイル(デフォルトは"SVUSER"グループが設定)
グループにユーザーを追加するorグループ欄を現行ユーザー名に変更する。

PrimeCollect

サーバーの情報取集、HW保守で提出を求められる。
(http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/products/note/svsdvd/dvd/v10-10-10/sv-primecollect-jp.pdf)