プロジェクト

全般

プロフィール

Wiki

基本設定

  • ユーザー名
git config --global user.name "ユーザー名"
  • メールアドレス設定
git config --global user.email "メールアドレス"
  • ターミナルのデフォルト色を設定
git config --global color.ui true

良く使うコマンド

  • 設定確認
git config -l
  • ヘルプ確認
git config --help
  • リポジトリ作成
git init
  • インデックスに登録
git add ファイル名指定
git add .
  • コミット
git commit -m "コメント"
  • commit履歴確認
git log オプション
     --oneline コンパクトにlogを見れる
     -p 変更した情報も見れる
     --stat ファイルの変更箇所が見れる
  • 前回のコミットとの変更確認
git status
  • 変更箇所を表示
git diff 

ファイルの削除

git管理下のファイルは、移動時、削除時
gitコマンドで削除すること。

Version管理しないファイルを指定

vim .gitignore
*.log 無視するファイル指定。

.gitignoreがあるディレクトリのファイルが有効!

過去のVersionに戻る

git reset --hard [HEAD or HEAD^ or ID] 

直前にしたコミットをやり直す

git add . 
git commit --amend

直前のコミット取り消し

「git reset --soft」 → ワークディレクトリの内容はそのままでコミットだけを取り消す。
「git reset --hard」 → コミット取り消した上でワークディレクトリの内容も書き換える。

ブランチ(別々の機能)

  • ブランチ確認
git branch
  • ブランチ作成
git branch hoge ブランチ作成
git branch 確認
  • ブランチ移動
git checkout hoge
  • ブランチのマージ
master hoge

hogeの機能をmasterに反映させる
git merge hoge

  • ブランチ削除
git branch -d hoge

タグ

  • commit IDに別名つける
git tag v1.0
  • 後のコミットに付けたい
git tag v0.9 ID番号
  • タグ確認
git show tag
  • 削除
git tag -d 番号

エイリアス

git config --global alias.co checkout
git config --global alias.st status

push

  • masterをpush
git push origin master
  • pilotをpush
git push origin pilot

pull

  • masterをpull
git pull origin master

clone

  • 既存のリポジトリを読み込む 
git clone git@github.com:/test.git

登録されているリモートリポジトリの確認

git remote -v

リモートリポジトリの削除

git remote rm origin

ERROR対応

①fatal: remote origin already exists.
対処法

$ git remote rm origin
$ git remote add origin git@github.com:ユーザ名/リポジトリ名.git
$ git push -u origin master

②warning: LF will be replaced by CRLF in app.js.The file will have its original line endings in your working directory.
対処法

以下の設定で、改行コードの変換を無効にする。
git config --global core.autoCRLF false

③fatal: Not a git repository (or any of the parent directories): .git